2019.01.22

エンジニア組織のHRを考える
人事とエンジニアを繋げたい!

平成最期の大忘年会
「AgileHR drinking」開催レポート

■イベント概要

昨年末の12月26日(水)に平成最期の大忘年会として「AgileHR drinking」が開催されました。
当イベントは、2018年5月より毎月開催している「AgileHR day」のスピンオフ企画として開催され、“エンジニア組織のHRに携わる人事とエンジニアの方々が直接繋がりを作れる場”をテーマに、約100名の方々にご参加いただき、会場は株式会社ドリコム様にご提供いただきました。






■“人事とエンジニアの方々が直接繋がりを作れる場”

当イベントを主催する株式会社ギブリーCTOの池田が、開催目的を次のように述べました。「今まで毎月開催していたAgileHR dayでは、エンジニア組織のHRをより良くするために、様々な企業様をゲストに招き、エンジニアの採用や、育成・評価における各社の“課題”や“取り組み”、また“ビジョン”などの情報発信をおこなっていたですが、それとは別に、もっと現場の当事者同士で直接質問しあったり情報交換をしたり、横に繋がる機会を創出したい。コミュニティによってエンジニア組織を考える“カルチャー”を強めていきたい。と常々考えていたので、今回は“忘年会”と銘打って過去にご参加いただいた方々を中心にお声がけし、交流の場を設けました。」








司会を務めた株式会社ギブリー村上は、「エンジニア組織をより良くするためには、人事と現場エンジニアの双方向コミュニケーションと連携強化の重要性と、その根本にある“お互いが意識し、刺激し、興味を持つ”きっかけを作っていきたい」と語る。







エンジニア組織のHRを良くしたい!同じ想いの参加者同士、お酒と食事を楽しみながら、ざっくばらんに各々の課題などを共有して、コミュニケーションをとっていただきました。






■エンジニアHRに役立つサービスの紹介

今回スポンサーとしてご参画いただいた、エンジニアHRに有効なサービスを展開されている企業さまより、プロダクトピッチをおこなっていただき、お話いただいた各企業のご担当者様も、会場内で参加者の方々と交流いただきました。

・株式会社インフォデック様:「sonar」のご紹介
・パーソルキャリア株式会社様:「TECH PLAY」のご紹介
・株式会社scouty様:「scouty」のご紹介
・株式会社ギブリー:「track」のご紹介


■豪華プレゼント抽選会

スポンサー企業様より、「人事とエンジニアの方々が社内で一緒にで遊んで仲良くなれちゃうグッズ」というテーマで豪華賞品をご提供いただき、参加者全員で山分け抽選会を開催しました。



Nintendo Switchやドローンなど、様々な賞品をご提供いただきました。



当選した参加者の方々


今回は、年末のお忙しい中にも関わらず、たくさんの方にご参加いただきありがとうございました。今後も、積極的に「情報発信」や「交流の場」を作っていき、エンジニアHRの領域を盛り上げて参りますので、今回ご参加いただけなかった方も、次回は是非ともご参加ください。

この記事をシェアする

  • Writer
  • AgileHR magazine編集部
  • エンジニアと人事が共に手を取り合ってHRを考える文化を作りたい。その為のきっかけやヒントとなる発信し続けて新しい価値を創出すべく、日々コンテンツづくりに邁進している。

関連記事

Agile HR

# タグから探す

-