Seminar / Event

オンライン研修“2年目”に研修担当が考えておきたい、エンジニアの自学自走力を高めるカリキュラム構築・運営実践メソッド 〜プログラミングスキルの習熟度を底上げする!trackを活用した研修カリキュラムを公開〜

お申し込みフォーム

テーマ

企業におけるDXが求められる昨今において、新人研修をはじめ、既存の社員においてもIT知識・プログラミング・データサイエンスなどのスキルトランスファーが求められます。

本年度は「オンライン研修元年」と表されるように、多くの企業でZoomを代表としたビデオ会議システムなどを用いて、オンラインでの技術研修を実施されたと思います。昨年日本e-Learning大賞をはじめとする、ラーニング系コンペティションで受賞した「track(トラック)」は、この1年間で企業や学校への導入が一気に進み、数多くの事例とともにオンライン研修ならではの弊害も見つかりました。

そこで、プログラミング初心者から経験者まで、レベルにあわせた学習効率の良いオンラインで実施できる「オンライン研修“2年目”」に最適なカリキュラムをお伝えします。

・オンライン研修にチャレンジはしたが、振り返りで来年の研修をブラッシュアップさせたい
・オンラインでも学習効果を高められるようなカリキュラム設計を模索している
・研修を通じたITリテラシー、プログラミングスキルの習熟度向上に課題を持っている
とお悩みの研修・育成担当者様におすすめです。

こんな人にオススメ

・現場にて社員育成に携わる人事の方
・エンジニア育成に携わるエンジニアマネージャーの方
・研修ご担当者の方

登壇者の紹介

株式会社ギブリー
取締役 兼 trackプロダクトオーナー
新田 章太

2012年3月に筑波大学理工学群社会工学類経営工学専攻卒業。学生インターンシップ時代に「エンジニア」領域に特化した支援事業を株式会社ギブリーにて立ち上げ、入社。現在は取締役を務める。オンラインプログラミング学習・試験ツール等の自社サービスを立ち上げ、同社のHR tech部門を管掌。また、日本最大規模の学生ハックイベント、JPHACKSの組織委員会幹事を務めるなど、若い世代のイノベーターの発掘・支援にも取り組んでいる。

トークテーマ

・昨年から変化したtrack利用ケース
・オンライン研修(デジタル領域)元年で直面した課題
・オンライン研修2年目、trackによる自学自走力を高めるカリキュラムの構築と実践

※プログラムは、状況により変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

タイムテーブル

時間 コンテンツ
16:00 開場
16:00~16:10 開会のご挨拶・諸注意
16:10〜16:50 トーク「オンライン研修“2年目”に研修担当が考えておきたい、エンジニアの自学自走力を高めるカリキュラム構築・運営実践メソッド」
16:50~16:55 運営からのお知らせ
17:00 完全終了

日時

11月19日(木) 16:00-17:00

会場

オンライン

※オンライン会議ツールを利用しますので、参加される方には改めて参加方法のご連絡をさせていただきます。

定員

30名

※1申込につき1名が参加可能となっております。2名以上での参加を希望する場合は、個人単位でお申し込みください。
※お申込み人数が大幅に超過する場合は、抽選制とさせていただく場合がございますのでご了承ください。
※各種営業目的、個人事業主の方のご参加と運営側が判断した場合、別途ご来場お断りの連絡をさせていただいております。

参加費

無料

注意事項

ご協力のお願い
※申込後のキャンセルについては、前日までにご連絡ください。
※本セミナーの目的に関係のない営業や勧誘を目的としたご参加はご遠慮ください。運営事務局の判断で事前にお断り、もしくは忠告のうえ退場とさせていただく場合がございます。
※活動模様は、個人情報を伏せたうえ、記録や資料として外部に掲載する場合がございます。事前にご案内いたしますので、ご希望されない方はその際にその旨お申し出ください。

お申し込み