Seminar / Event

ITエンジニアの選考フロー設計者必見! 「IT素養」を見極める”適正検査テスト”の活用ポイントを解説

お申し込みフォーム

テーマ

新卒採用において、主に最初のスクリーニングとして導入される「適正検査・筆記試験」は、全体で94%の企業様が選考で実施しているという調査結果*が出ています。その中でも、ITエンジニア職として学生を採用する企業様では、適正検査を通じ、「IT素養」があるかの見極めをすることが、入社後に活躍する人材を採用するために欠かせません。

しかし、ITの知識の有無を適正検査で評価することは難しく、選考のオンライン化によって見極めの難易度がさらに向上していることから、「現場エンジニアが求める基準のすり合わせが上手くいかない」「どのように適性テストを利用すれば、エンジニア職の適正が効率的に見極められるのかわからない」といったお声をよくお伺いします。

そこで今回は、ITエンジニアの選考フロー設計を担当されている人事向けに、IT素養を評価するための適正検査テストを比較し、テストの結果をどのようにスクリーニングに活かすのか?自社のスキル要件にあったスキルを見極めるのか?といったお話をするウェビナーを開催いたします。

「どの適正検査がIT素養を見極めるのに適しているかわからない」
「選考のオンライン化に適した適正検査ツールを探している」
「プログラミング未経験者のIT素養を見極めたい」

とお考えの企業様に、お役立ていただけます。

*参照元:『就職白書2018 -採用活動・就職活動編- 』株式会社リクルートキャリア,2018年2月15日(https://www.recruitcareer.co.jp/news/20180215_01.pdf

こんな人にオススメ

・ITエンジニアの選考フロー設計を担当されている人事
・22卒エンジニア職採用に向けて、適性検査テストを見直している人事

登壇者の紹介

株式会社ギブリー
HRtech事業部
カスタマーサクセス 採用チーム マネージャー
西田 織衣

奈良先端科学技術大学院大学を修了後、外資製薬メーカーを2社経験。その後大手IT企業の人事へ転職し、新卒社員のエンジニア研修の企画運営、新卒および中途エンジニア採用を担当。2019年より株式会社ギブリーに参画。現在は、自社のエンジニア採用支援サービスを用い、大手やベンチャーまで幅広い企業のエンジニア採用を支援するカスタマーサクセス(CSM)チームにて、チームマネージャーとして従事している。

トークテーマ

・それぞれの「適性検査テスト」の特徴
・ITエンジニア職向け「適正検査テスト」を選定する上でのチェック項目
・適正検査結果をどうスクリーニングに活かすのか?
・エンジニアのスキルチェックツールを活用したIT素養の見極め事例

※プログラムは、状況により変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

タイムテーブル

時間 コンテンツ
12:00 開場
12:00~12:05 開会のご挨拶・諸注意
12:05〜12:50 トーク「 “IT素養”を見極める適正検査テストの活用ポイントを解説」
12:50~12:55 運営からのお知らせ
13:00 完全終了

日時

10月14日(水) 12:00-13:00

会場

オンライン

※オンライン会議ツールを利用しますので、参加される方には改めて参加方法のご連絡をさせていただきます。

定員

60名

※1申込につき1名が参加可能となっております。2名以上での参加を希望する場合は、個人単位でお申し込みください。
※お申込み人数が大幅に超過する場合は、抽選制とさせていただく場合がございますのでご了承ください。
※各種営業目的、個人事業主の方のご参加と運営側が判断した場合、別途ご来場お断りの連絡をさせていただいております。

参加費

無料

注意事項

ご協力のお願い
※申込後のキャンセルについては、前日までにご連絡ください。
※本セミナーの目的に関係のない営業や勧誘を目的としたご参加はご遠慮ください。運営事務局の判断で事前にお断り、もしくは忠告のうえ退場とさせていただく場合がございます。
※活動模様は、個人情報を伏せたうえ、記録や資料として外部に掲載する場合がございます。事前にご案内いたしますので、ご希望されない方はその際にその旨お申し出ください。

お申し込み

本イベントは終了しました。