Seminar / Event

バイモーダルIT人材を生み出す、攻めのオンライン研修とは 〜エンジニアリングスキルの習熟度を10%以上アップするカリキュラムを研修講師が徹底解説〜

お申し込みフォーム

テーマ

ソフトウェア開発会社で考慮すべき開発・管理の概念として、効率化や利便性を求める「攻めのIT」、既存のシステム環境の保守運用を進める「守りのIT」を組み合わせた『バイモーダルIT』という考え方が台頭してきています。前述いずれかのキーワードを耳にしたことがあるご担当者様も多いのではないでしょうか。

この「バイモーダルIT」でのアプローチを実現するためには、新人社員の育成から変革していくことが方法論として挙げられます。

そこで、今年度ギブリーが担当した複数のシステム会社様の事例を通して、両面の考え方(バイモーダル)を持つ人材をどのように育成するのか、何をゴールと設定すれば良いのかなどを、実際に研修を担当した講師から直接お伝えします。

特に今回は、ベースとなるエンジニアリングスキルの習熟度向上に焦点を当て、短い研修期間の中でどのようなワークやカリキュラムを提供するべきかをお話しします。

こんな人にオススメ

・会社が「攻めのIT」に転じるうえで必要な人材を育成したい
・既存のシステムを扱う社員へ新たなスキルを身につけさせたい
・これから入社する新人には、モダンな開発技術も教え、即戦力化させたい

とお考えの研修・育成担当者様におすすめです。

登壇者の紹介

株式会社ギブリー
カスタマーサクセスマネージャー
森 康真


北海道大学工学部情報工学科 卒業、同大学院情報科学研究科修士課程 修了。
SAPジャパン株式会社にて人事コンサルタント、株式会社野村総合研究所にて、アプリケーションエンジニアを経験。
株式会社ワークスアプリケーションズでは採用担当として数々のプロジェクトに関わり、
特にエンジニア採用リーダーとして先進的な採用手法を確立する。
19年3月より株式会社ギブリーに参画。これまでのエンジニア/人事/コンサル経験を生かし、カスタマーサクセスチームマネージャーおよび研修講師として業務に当たる。

トークテーマ

・バイモーダルITとは?
・アダプティブラーニングによるプログラミングスキル習得の短期化
・ビジネス創造スキルの習得を実現するカリキュラム
・習熟度10%UP事例
・若手人材の育成による組織改革が求められている

※プログラムは、状況により変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

タイムテーブル

時間 コンテンツ
16:00 開場
16:00~16:10 開会のご挨拶・諸注意
16:10〜16:50 トーク「バイモーダルIT人材を生み出す、攻めのオンライン研修とは」
16:50~16:55 運営からのお知らせ
16:55 閉会
17:00 完全終了

日時

12月9日(水) 16:00-17:00

会場

オンライン

※オンライン会議ツールを利用しますので、参加される方には改めて参加方法のご連絡をさせていただきます。

定員

50名

※1申込につき1名が参加可能となっております。2名以上での参加を希望する場合は、個人単位でお申し込みください。
※お申込み人数が大幅に超過する場合は、抽選制とさせていただく場合がございますのでご了承ください。
※各種営業目的、個人事業主の方のご参加と運営側が判断した場合、別途ご来場お断りの連絡をさせていただいております。

参加費

無料

注意事項

ご協力のお願い
※申込後のキャンセルについては、前日までにご連絡ください。
※本セミナーの目的に関係のない営業や勧誘を目的としたご参加はご遠慮ください。運営事務局の判断で事前にお断り、もしくは忠告のうえ退場とさせていただく場合がございます。
※活動模様は、個人情報を伏せたうえ、記録や資料として外部に掲載する場合がございます。事前にご案内いたしますので、ご希望されない方はその際にその旨お申し出ください。

お申し込み