Seminar / Event

コロナ禍だからこそ狙う!海外トップエンジニア採用の新常識 〜大手メーカ企業・高成長ベンチャー企業も実践する、海外IT人材採用プロセスと見極めるべきポイント事例〜

お申し込みフォーム

テーマ

国内のIT市場規模が成長を続ける中でも、IT人材の不足は顕著になっています。

経済産業省の「IT人材の不足規模に関する予測」では、将来の市場拡大の見通しでは、2030年に高位シナリオで79万人、低位シナリオでも、41万人の人材が不足すると予測になっており、今後も採用をする企業にとって、エンジニアの分野は他職種以上に厳しいものになっていく可能性があります。さらにコロナ禍で、各種求人倍率が落ち込む中、依然として求人倍率が高いのがエンジニア、IT人材と呼ばれる方々です。

そのような市況下で、「海外エンジニアの雇用」に注目が集まっています。特に大手メーカー、IT企業では組織の多様性の観点から、採用間口を広げようと注力している企業も多いのではないでしょうか。

「海外人材の採用」と聞くと、言語や文化的な障壁、社内の制度設計、採用基準などの課題から、採用に踏み出せずにいるとの声をよくお伺いします。特に「日本語での意思疎通が難しく」「エンジニアリングスキルの評価が難しい」人材をどのように採用していくのかは、いまだに日本での成功例は少なく、各社模索している最中です。

そこで今回は、コロナ禍だからこそ“今”海外トップエンジニアの採用を実践している、マネーフォワード社のCTO中出様、アジア圏におけるエンジニアのトップタレントのプールを持つ株式会社ASIA to JAPANのCEO三瓶様をお呼びして、コロナ禍における海外エンジニア採用の市況感や、トップクラスのエンジニアを自社で見極め、採用成功するためのノウハウについてトークセッションにて、お話いただきます。

こんな人にオススメ

・日本の採用市場だけでなく、幅広い人材を組織に引き入れたい経営者の方
・海外エンジニア採用を検討している企業の人事責任者の方
・海外エンジニア採用を実施しているが、ハイレベルな人材の見極めに悩む企業の人事担当者の方
・人事とエンジニアの評価にズレを感じたことがある人事・現場エンジニアの方

登壇者の紹介

株式会社マネーフォワード
取締役執行役員 CTO
中出 匠哉 様

2001年ジュピターショップチャンネル株式会社に入社。ITマネージャーとして注文管理・CRMシステムの開発・保守・運用を統括。2007年 シンプレクス株式会社に入社し、証券会社向けの株式トレーディングシステムの開発・運用・保守に注力。その後FXディーリングシステムのアーキテクト兼プロダクトマネージャーとして開発を統括。2015年に当社に入社し、Financialシステムの開発に従事。2016年にCTOに就任。

株式会社ASIA to JAPAN
代表取締役社長
三瓶 雅人 様

1997年、株式会社キャリアデザインセンター入社。キャリア採用広告営業、営業マネージャ・営業部長、マーケティング部長、人材紹介部門の事業責任者となる。 2006年、株式会社日経HR入社。人材紹介事業立ち上げ、転職サイト責任者、システム責任者を経て、2012年よりアジア現地学生採用のための新規事業を立ち上げ、その責任者となる。 アジア9カ国、トップ50大学と連携した事業はテレビ「ガイアの夜明け」でも取り上げられる。2017年2月に株式会社ASIA to JAPANを創業。

モデレーターの紹介

株式会社ギブリー
執行役員 兼 HR Tech部門 事業推進部長
山根 淳平

2012年より株式会社ギブリーに参画、エンジニア向けHRテクノロジー事業の立ち上げを行う。ハッカソンやアイデアソン、プログラミングコンテストなど新しいエンジニア採用施策を取り入れ、年間100社以上のIT・通信・メーカー企業のエンジニア採用・育成を支援。2017年に同社の執行役員に就任し、現在はセールスからマーケティングチームの統括を担う。(※Twitterアカウント:https://twitter.com/jumpeiymn)

トークテーマ

・高成長SaaS企業、マネーフォワード社がなぜ海外人材採用を実施するのか
・メーカー企業における海外人材採用戦略の描き方
・海外人材採用を進めるための受け入れ体制
・海外エンジニアを見極めるための選考フロー設計
・優秀な人材獲得に通じる見極めポイント
・海外エンジニア採用を始めるために明日からできるポイント

※プログラムは、状況により変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

タイムテーブル

 

時間 コンテンツ
16:00 開場
16:00~16:05 開会のご挨拶・諸注意
16:05〜16:10 オープニングトーク
16:10~16:55 トークセッション『コロナ禍だからこそ狙う!海外トップエンジニア採用の新常識』
16:55~17:00 スポンサーピッチ
17:00 完全終了

日時

11月11 日(水) 16:00-17:00

会場

オンライン

※オンライン会議ツールを利用しますので、参加される方には改めて参加方法のご連絡をさせていただきます。

定員

60名

※1申込につき1名が参加可能となっております。2名以上での参加を希望する場合は、個人単位でお申し込みください。
※お申込み人数が大幅に超過する場合は、抽選制とさせていただく場合がございますのでご了承ください。
※各種営業目的、個人事業主の方のご参加と運営側が判断した場合、別途ご来場お断りの連絡をさせていただいております。

参加費

無料

AgileHR day の開催背景

AgileHR dayは、エンジニアHR(採用、評価、育成)に悩む現場エンジニアマネジャーと人事責任者を対象にした、成功体験や学びを提供するトークイベントです。

ソフトバンクやバンダイナムコスタジオが登壇した過去開催の模様は、下記に取り上げられています。
https://tracks.run/agilehr/category/agilehr-day/

Agileとは「素早い、身軽な、機敏な」という意味の形容詞でここ数年、IT企業における開発現場で用いられるソフトウェア開発の手法ですが、近年このAgileの思想をHR(ヒューマンリソース)の領域でも浸透させる新しい概念として、「アジャイルHR」というキーワードが海外を中心に企業内で使われ始めています。

自社のHR活動(採用・育成・評価)においても、組織との対話を重んじ、その変化に対応しながら、経営チームやエンジニアチームと互いに協調しながら強い組織を構築していくという考え方であり、実はエンジニアHRの強い会社の多くが、この概念をもとに、現場エンジニアとHR(人事や育成担当)が適切にコラボレートしています。

主催元について

AgileHR dayは、プログラミング「学習・試験」プラットフォーム「track(トラック)」を提供する株式会社ギブリーが主催となっておりますが、#Sprint36の本イベントにつきましては、海外トップクラスの理系学生を「日本で面接」する「Study Go Work JAPAN」を運営するASIA to JAPAN様との共催になっております。

注意事項

ご協力のお願い
※申込後のキャンセルについては、前日までにご連絡ください。
※AgileHRの目的に関係のない営業や勧誘を目的としたご参加はご遠慮ください。運営事務局の判断で事前にお断り、もしくは忠告のうえ退場とさせていただく場合がございます。
※活動模様は、個人情報を伏せたうえ、記録や資料として外部に掲載する場合がございます。事前にご案内いたしますので、ご希望されない方はその際にその旨お申し出ください。

個人情報保護方針について

今回ご提供いただく個人情報は、株式会社ギブリーと本セミナーの共催企業が取り扱い、各社の個人情報保護方針に基づき厳重に管理いたします。

株式会社ギブリーの個人情報保護方針
株式会社ASIA to JAPAN

お申し込み