Seminar / Event

アジャイル開発チームを生み出す、新卒エンジニア研修の設計と効果を大公開! 老舗SIerが導入した”アジャイル”と”ウォーターフォール”を両立した研修とは?

テーマ

昨今のエンジニアリング領域は、プログラミング言語の多様化や外部トレンドの変化、技術アップデートへの対応など急速に進化を遂げており、こうした変化に対応していく必要があるのはご存知の通りかと思います。

モノを生み出す企業側は、そのような世の変化に対応できる若きエンジニア人材を採用・育成していく必要がございます。
とはいえ、新人エンジニアの持つスキル差や、現場とのマッチング、組織ロイヤルティの向上に苦戦している企業様も多いのではないでしょうか。

本イベントでは、全体の習熟度の向上・会社へのエンゲージメントの上昇などを実現した研修をふまえて、セゾン情報システムズ様をお迎えし、トークセッション形式でお話いただきます。

・変化に柔軟に対応できる人材を育成したい
・エンジニアリングスキルの差を解消し、質を向上させたい
・現場とのマッチング度合いが高い人材を育成したい
・組織と現場双方の満足度が高い研修を実施したい

上記のようなお悩みを抱えた研修担当者の方にお役立ていただけます。

こんな人にオススメ

・現場にて新人育成計画に携わる人事の方
・エンジニア育成に携わるエンジニアマネージャーの方
・研修をご担当される人事の方

セッション登壇者のご紹介

株式会社セゾン情報システムズ
コーポレートサービスセンター HRサポート部
コミュニケーションパートナーズ グループ長
武田 俊介 様

IT・マーケティング業界で人事を中心に経営管理領域全般に従事。国内外のベンチャー・子会社支援、中国での現地法人立ち上げ等に携わる。外国人の採用教育・マネジメントを得意とし、外国人専門の人材エージェントでの営業や海外進出コンサルでのコンサルティング経験もあり。2017年よりセゾン情報システムズ人事部(現HRサポート部)にてエンジニアの採用・教育、人事マンの育成に携わり、現在はHRブランディングおよびインナーコミュニケーションの領域を管轄している。

 

株式会社ギブリー
カスタマーサクセスマネージャー
森 康真

北海道大学工学部情報工学科 卒業、同大学院情報科学研究科修士課程 修了。
SAPジャパン株式会社にて人事コンサルタント、株式会社野村総合研究所にて、アプリケーションエンジニアを経験。株式会社ワークスアプリケーションズでは採用担当として数々のプロジェクトに関わり、特にエンジニア採用リーダーとして先進的な採用手法を確立する。19年3月より株式会社ギブリーに参画。これまでのエンジニア/人事/コンサル経験を生かし、カスタマーサクセスチームマネージャーおよび研修講師として業務に当たる。

 

モデレーター

株式会社ギブリー
取締役/trackプロダクトオーナー
新田 章太

2012年3月に筑波大学理工学群社会工学類経営工学専攻卒業。学生インターンシップ時代に「エンジニア」領域に特化した支援事業を株式会社ギブリーにて立ち上げ、入社。現在は取締役を務める。オンラインプログラミング学習・試験ツール等の自社サービスを立ち上げ、同社のHR tech部門を管掌。また、日本最大規模の学生ハックイベント、JPHACKSの組織委員会幹事を務めるなど、若い世代のイノベーターの発掘・支援にも取り組んでいる。

 

司会・進行役

株式会社ギブリー
本田万由子

 

コンテンツ

【トークセッション】

・セゾン情報システムズ様が目指しているエンジニア組織とは
・カリキュラム作成経緯と取り組み、作成手法について
・具体的な研修内容と定着を求めたスキル
・研修で実現したこと、結果
・研修実施からオンボードまで、研修を生かす育成戦術

–質疑応答–

プログラムは、状況により変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

時間 コンテンツ
18:00-18:30 開場・受付開始
18:30-18:40 オープニング
18:40-19:30 トークセッション
アジャイル開発チームを生み出す、新卒エンジニア研修の設計と効果を大公開!
老舗SIerが導入した”アジャイル”と”ウォーターフォール”を両立した研修とは?
19:30-19:40 セゾン情報システムズ様 ピッチ
19:40-19:50 プロダクトピッチ
19:50-20:50 懇親会
20:50 閉会

 

日時

9月24日(火) 18:30-21:00(開場18:00)

会場


東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 19F
株式会社セゾン情報システムズ エントランスセミナースペース
※館内立ち入りには事前IDの発行が必要です。必ず下記フォームよりお申込みください。

定員

50名
※1申込につき1名が参加可能となっております。2名以上での参加を希望する場合は、個人単位でお申し込みください。
※お申込み人数が大幅に超過する場合は、抽選制とさせていただく場合がございますのでご了承ください。
※各種営業目的、個人事業主の方のご参加と運営側が判断した場合、別途ご来場お断りの連絡をさせていただいております。

参加費

無料

AgileHR day の開催背景

AgileHR dayは、エンジニアHR(採用、評価、育成)に悩む現場エンジニアマネジャーと人事責任者を対象にした、成功体験や学びを提供するトークイベントです。

ソフトバンクやバンダイナムコスタジオが登壇した過去開催の模様は、下記に取り上げられています。
https://tracks.run/agilehr/category/agilehr-day/

Agileとは「素早い、身軽な、機敏な」という意味の形容詞でここ数年、IT企業における開発現場で用いられるソフトウェア開発の手法ですが、近年このAgileの思想をHR(ヒューマンリソース)の領域でも浸透させる新しい概念として、「アジャイルHR」というキーワードが海外を中心に企業内で使われ始めています。

自社のHR活動(採用・育成・評価)においても、組織との対話を重んじ、その変化に対応しながら、経営チームやエンジニアチームと互いに協調しながら強い組織を構築していくという考え方であり、実はエンジニアHRの強い会社の多くが、この概念をもとに、現場エンジニアとHR(人事や育成担当)が適切にコラボレートしています。

主催元について

AgileHR dayは、プログラミング「学習・試験」プラットフォーム「track(トラック)」を提供する株式会社ギブリーが主催となっております。

注意事項

ご協力のお願い
※申込後のキャンセルについては、前日までにご連絡ください。
※セミナー進行の都合上、10分前のご着席をお願いしております。
※ご着席が遅れた場合、お立ち見でのご観覧となる場合がございます。
※セミナー風景を写真・動画にて撮影させていただきます。撮影内容を当日ご案内いたしますので、希望されない方はその際にその旨お申し出ください。
※イベントに関係のない営業や勧誘を目的としたご参加はご遠慮ください。スタッフの判断で退場とさせていただく場合がございます。

お申込みはこちら

本イベントは終了しました。次回イベントへのご参加お待ちしております。
イベント関連記事などは随時、https://tracks.run/agilehr/に掲載いたします。