Seminar / Event

【富士フイルム社エンジニア人事登壇】AIエンジニア・データサイエンティスト採用の最前線

テーマ

進化・変化するテクノロジーや人々の生活習慣に合わせて、ビジネスモデルや戦略を転換していく、デジタルトランスフォーメーション(DX)に、多くの企業が取り組み始めています。

その中でも、新たなビジネス価値を想像するために、AI(人工知能)や自社の持つビッグデータの活用に注目する企業が増えており、ディープラーニング、統計、機械学習を自在に操るAIエンジニアやデータ解析を担うデータサイエンティストの採用・育成が企業の生存戦略として重要なミッションとなっています。 一方で、これらの人材は母集団の少なさゆえに、採用に苦戦している企業も多いのではないでしょうか。

そこで今回のイベントは、”AIエンジニアとデータサイエンティストの採用”をテーマに開催をせていただきます。

先進的な試みで優秀なAIエンジニア・データサイエンティスト志望の学生を発掘し、採用母集団の形成とビジネスの加速を図っている、富士フイルム株式会社をお招きして、同社の施策についてお話をしていただく機会をご用意いたしました。

こんな人にオススメ

・AIエンジニア・データサイエンティスト採用に関わりがあるエンジニアの方
・AIエンジニア・データサイエンティストの採用施策に関心のある企業人事の方
・今後のAIやビッグデータの活用を見据える経営層の方
・以下のキーワードに興味がある方:
kaggle、AI、機械学習、データサイエンティスト、エンジニア採用、AI人材採用

トークセッション登壇者のご紹介

富士フイルム株式会社
人事部 兼 FUJIFILM AI アカデミー事務局 マネージャー
上月 忠司(じょうげつ ただし)様


2001年に富士フイルム入社。 13年間デジタルカメラ設計者として、FinePixから上位のX100、X-Pro1の商品化プロジェクトを推進。

設計者として、ユーザー視点に立った商品を企画設計、ハードウエアからソフトウエアまで幅広い開発業務を経験。 後期では、交換式レンズ 7本を上市し、X-Pro1のミラーレス一眼レフカメラシステムの確立。

人事部へ異動。現在、FUJIFILM AIアカデミー活動を通して、 理系人材(設計者)の想いをくみ取り、IT人材の育成に取り組む。

 

株式会社ギブリー
執行役員
山根 淳平 (やまね じゅんぺい)


2012年より株式会社ギブリーに参画、エンジニア向けHRテクノロジー事業の立ち上げを行う。

ハッカソンや競技プログラミング、データサイエンスコンペなど最新のエンジニア採用・育成施策を取り入れ、年間100社以上のIT・通信・メーカー企業のエンジニア採用・育成を支援。

2017年に同社の執行役員に就任。自身もハッカソン等参加をしている。

オープニングセッション

株式会社ギブリー 八木 達也


早稲田大学政治経済学部卒、在学時よりビッグデータを用いた法律や政治施策の効果検証を行う実証実験チームにて分析を担当。新卒入社した分析会社にてID-POSデータやアンケートデータの分析プロジェクトに参画。

その後エンジニアの成長・機械学習・データサイエンスの世間への普及をミッションとする株式会社ギブリーにジョイン。複数のハッカソンの企画や分析コンペを開催。

司会・進行役

株式会社ギブリー 吉田 一斗


青山学院大学を卒業後、ギブリーへ入社。
コンサルタントとして、企業の新卒採用の企画・学生集客支援を担当。

2016年よりマーケティングチームに異動。
エンジニアの採用・育成を支援するHR Tech部門にて、企業と求職者それぞれに向けたプロダクトのマーケティングを管掌。

コンテンツ

【オープニングセッション】

・現在のAI人材の潮流について

【トークセッション】

・富士フイルムがなぜAI人材の採用に注力するのか
・富士フイルムの活動とAI人材の活躍について
・新卒データサイエンス人材へのブランディング手法の実践
・今後の取り組みの可能性について

–質疑応答–

※プログラムは、状況により変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

タイムテーブル

時間 コンテンツ
18:30-19:00 開場・受付開始
19:00-19:10 開会挨拶
19:10-19:25 オープニングセッション(AI人材の潮流について)
19:25-20:05 トークセッション 富士フイルム株式会社 上月様 ご登壇
20:05-20:15 運営からのご案内・アンケート
20:15-20:55 懇親会
20:55- 閉会

日時

8月29日(木) 19:00-20:55 (開場18:30)

会場

渋谷
※詳細は参加確定者にメールにて個別でご案内しております。

定員

50名
※1申込につき1名が参加可能となっております。2名以上での参加を希望する場合は、個人単位でお申し込みください。
※お申込み人数が大幅に超過する場合は、抽選制とさせていただく場合がございますのでご了承ください。
※営業目的のご参加につきましては、お断りさせていただております。

参加費

無料

AgileHR day の開催背景

AgileHR dayは、エンジニアHR(採用、評価、育成)に悩む現場エンジニアマネジャーと人事責任者を対象にした、成功体験や学びを提供するトークイベントです。

ソフトバンクやバンダイナムコスタジオが登壇した過去開催の模様は、下記に取り上げられています。
https://tracks.run/agilehr/category/agilehr-day/

Agileとは「素早い、身軽な、機敏な」という意味の形容詞でここ数年、IT企業における開発現場で用いられるソフトウェア開発の手法ですが、近年このAgileの思想をHR(ヒューマンリソース)の領域でも浸透させる新しい概念として、「アジャイルHR」というキーワードが海外を中心に企業内で使われ始めています。

自社のHR活動(採用・育成・評価)においても、組織との対話を重んじ、その変化に対応しながら、経営チームやエンジニアチームと互いに協調しながら強い組織を構築していくという考え方であり、実はエンジニアHRの強い会社の多くが、この概念をもとに、現場エンジニアとHR(人事や育成担当)が適切にコラボレートしています。

主催元について

AgileHR dayは、プログラミング「学習・試験」プラットフォーム「track(トラック)」を提供する株式会社ギブリーが主催となっております。

注意事項

ご協力のお願い
※申込後のキャンセルについては、前日までにご連絡ください。
※セミナー進行の都合上、10分前のご着席をお願いしております。
※ご着席が遅れた場合、お立ち見でのご観覧となる場合がございます。
※セミナー風景を写真・動画にて撮影させていただきます。撮影内容を当日ご案内いたしますので、希望されない方はその際にその旨お申し出ください。
※イベントに関係のない営業や勧誘を目的としたご参加はご遠慮ください。スタッフの判断で退場とさせていただく場合がございます。

お申込みはこちら

お申し込み期限が終了しました。次回イベント開催時のお申し込みお待ちしております。