Seminar / Event

エンジニア採用担当者必見!~技術選考におけるスキルの見極め方~【Agile HR Day #Sprint02】

Agile HR Day #Sprint02 概要

既存のエンジニア採用活動に課題を感じている、なにか新たな試みが必要だとお考えの採用責任者の方に向けて、 HRTechサービスの導入や、新たな選考フローを実施したことで自社のエンジニア採用の変革に成功した企業をお招きし、ナレッジを共有いただくトークセッション形式のセミナーです。

今回は、エンジニアの採用選考プロセスにスキルチェックのためのプログラミング試験を導入している、株式会社バンダイナムコスタジオとクックパッド株式会社のご担当者様にご登壇いただきます。

同社がエンジニアの選考にスキルチェックを導入した背景や、 導入後の採用にどのような変化をもたらしたのかをお話ししていただきます。

ぜひ今後のエンジニア選考フロー設計にお役立てください。

イベントの詳細はこちら

登壇者紹介

株式会社バンダイナムコスタジオ
技術統括本部 技術第1開発本部
プログラム1部 プログラム2課
課長
髙橋 秀司 様

1993年にナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)に入社。
開発者として家庭用、業務用ゲームのプログラムを担当。
2012年より、バンダイナムコスタジオに入社。
現在は管理職として、現場のエンジニアのマネジメントに従事。
2017年より新卒のエンジニア採用を兼務。

クックパッド株式会社
技術部長・エンジニア統括マネージャ
庄司 嘉織 様

25 歳から本格的にプログラミングを勉強。
前職で電子書籍の立ちあげ開発リーダーなどを行った後、クックパッドに転職。
投稿部門の部長を経て、動画配信基盤の開発、サービスの microservices 化などに従事したあと、人事部長になる。
現在は技術部長・エンジニア統括マネージャを担う。

モデレーター紹介

株式会社ギブリー
執行役員
山根 淳平

2012年より株式会社ギブリーに参画、エンジニア向けHRテクノロジー事業の立ち上げを行う。ハッカソンやアイデアソン、プログラミングコンテストなど新しいエンジニア採用施策を取り入れ、年間100社以上のIT・通信・メーカー企業のエンジニア採用・育成を支援。2017年に同社の執行役員に就任。


トークセッションプログラム

–オープニングセッション–

■エンジニアの選考にスキルチェックが求められる背景

–トークセッション–

■スキルチェックを活用したエンジニア採用選考手法の紹介
■スキルチェック導入による採用効果の変化とは?
■スキルの見極め方について
■導入/運用体制

–質疑応答–

※プログラムは、状況により変更される場合がございますのであらかじめご了承ください。

日時・場所

開催日程

6月26日(火)18:00-21:00

会場

株式会社フリークアウト(本社)

東京都港区六本木 6-3-1 六本木ヒルズクロスポイント 5F(総合受付)
※受付は5Fで行います。当日受付にて名刺を2枚回収させていただきます。

【最寄駅】
東京メトロ 日比谷線 六本木駅 1C出口 (徒歩約2分)
都営地下鉄 大江戸線 六本木駅 3出口 (徒歩約5分)
東京メトロ 千代田線 乃木坂駅 5出口 (徒歩約9分)

地図→https://www.fout.co.jp/freakout/about/access/#tokyo

タイムライン

  1. 開場
  2. 開会
  3. トークセッション
  4. HR Techプロダクト ピッチ
  5. 交流会 兼 各プロダクト見本市(ブース形式説明会)

※当日の進行状況によっては時間配分が変わる場合がございます。

対象・定員

  • エンジニアの選考設計に関わる人事・採用責任者の方
  • エンジニアの選考に関わっているエンジニアの方
  • 自分のチームに優秀なエンジニアを採用したいエンジニアの方
  • 20卒エンジニア採用の新たな打ち手/他社とは違った施策を検討中の戦略人事の方
  • 上記に付随した、採用活動に意思決定権をお持ちの方

定 員: 60名

  • ※大幅に定員を超える場合は抽選にて参加者を確定いたします。
  • ※1申込につき1名が参加可能となっております。2名以上での参加を希望する場合は、個人単位でお申し込みください。
  • ※弊社の競合となるサービスをお持ちの企業様のご参加につきましては、お断りさせていただく可能性がございます。

参加費

無料

AgileHR とは

[AgileHR]というキーワードが海外で2015年から注目を集めており、HR Trend Institute の選ぶ「HR Trend Institute」でも、堂々の1位で選ばれています。 HR業界の皆様にはまだまだ馴染みのない言葉かもしれませんが、ソフトウェア開発の現場では開発手法の一つとして親しまれており、短いSprint(開発期間、1〜2週間程度の場合が近年多い)を繰り返し、チームの状況や外部環境に合わせて、リスクなど最小化しながら開発を進めることを意味します。 近年、開発の現場にとどまらず、新しいテクノロジーの活用によりHR業界も変化を余儀なくされており、取り入れるべき戦略や手法を外部環境や時代に合わせて変えていく必要に迫られています。 本プロジェクトは、より効率的に、より生産性が高いHRを目指す企業を集めたノウハウ共有の機会を提供します。

主催元について

AgileHR Dayは、プログラミング “スキルチェック” ツール「track(トラック)」を提供する株式会社ギブリーが主催となっております。また、株式会社フリークアウトに会場協力をいただいています。

お申し込み

お申し込みはこちらのイベントページよりお願いいたします。