News

『駅すぱあと』を開発・提供するヴァル研究所主催のオンラインハッカソンに、『codecheck』のオンラインプログラミング試験システムを提供

2018年2月13日(火)より、株式会社ヴァル研究所(駅すぱあとWebサービス開発チーム、以下ヴァル研究所)の主催する、交通にまつわる悩みの解決をテーマとしたオンラインハッカソンに、自社開発のオンラインプログラミングスキルチェックツール『codecheck(コードチェック)』の試験システムを提供いたしました。
codecheck上で課題の配信を行い、GitHub連携機能を使用することで、開発から作品の提出にいたる全ての過程をオンラインで完結させることが可能となります。
これにより、場所や開発環境にとらわれず、より多くのエンジニアの方が、本ハッカソンにご参加いただけるようになっております。

ハッカソン特設サイト⇒ http://hackathon.val.jp/campaign/2018/online-hackathon/
 
 

イベント概要

ヴァル研究所の提供している、乗り換え案内サービス「駅すぱあと」の開発チームが、「交通にまつわるみんなの悩み」をテクノロジーを活用して解決するために、オンライン参加型のハッカソンを開催いたしします。
近年、交通や移動を取り巻く環境が変化する中、新たに顕在化された課題や、未だ解決されていない「交通にまつわるみんなの悩み」を、把握し、人々の生活をより豊かにするために、参加者の皆様とともに新しい発想の発掘、より一層のサービス向上に取り組むものとなっております
 

イベント詳細

  • 開催日程
  • 2018年2月13日(火)〜3月23日(金)

  • 開催場所
  • オンライン上にて実施

  • 参加資格
  • アイデアの提出はどなたでもご参加可能です。
    開発物の提出についてはエンジニアの方限定でご参加可能です。

  • 参加方法
  • オンラインプログラミングスキルチェックツール「codecheck」上で、開発・提出をしていただきます。

  • 主催
  • 株式会社ヴァル研究所(駅すぱあとWebサービス開発チーム)
    https://www.val.co.jp/
    お申し込み・ハッカソンの詳細はこちら
    http://hackathon.val.jp/campaign/2018/online-hackathon/

ハッカソン(hackathon)とは

ハック(hack)とマラソン(marathon)を組み合わせた造語で、エンジニアやデザイナーなどが短期間で集中的にサービスを開発し、
アイデアや独創性、革新性を競い合うイベントのことです。

「駅すぱあとWebサービス」について

「駅すぱあとWebサービス」は、ヴァル研究所が提供する乗り換え案内サービス「駅すぱあと」の経路検索機能や公共交通機関データなどを利用できるWeb APIです。
Webサービスやスマートフォンアプリなどに「駅すぱあと」の機能やデータを自由に組み込むことが可能です。
「駅すぱあとWebサービス」紹介ページ: https://ekiworld.net/service/lp/webservice/
「駅すぱあとWebサービス」ドキュメント:http://docs.ekispert.com/v1/
「駅すぱあとWebサービス」評価版お申込み:https://ekiworld.net/trial/index.php?case=6

「codecheckについて

codecheck(コードチェック)とは、エンジニアのスキル可視化を目的としたプログラミングスキルチェックツールです。
プログラミングテストの作成から採点、評価までをワンストップで実施できます。
年間数千人を選考する大規模企業の新卒採用から、ベンチャーの早期インターン採用、中途即戦力採用においてミスマッチのない人材採用と、
人事やマネージャー、選考に携わる現場エンジニア/CTOの工数削減に寄与します。
また、自社のエンジニアの社内評価まであらゆるスキルチェックニーズにお応えします。
サービスサイト→https://code-check.io/about-codecheck/

本件のcodecheckに関するお問い合わせ

株式会社ギブリー https://givery.co.jp/
〒150-0036 東京都渋谷区南平台町15-13 帝都渋谷ビル8F
Tel: 03-5489-7188(広報担当:吉田) / Mail: press@givery.co.jp