SCROLL DOWNTOP

for School

trackを無料で学校教育に活用できる「学校向けプラン」

教材のオンライン化と自動採点で
プログラミング授業や試験を
劇的に効率化・最適化します。

scroll down

About

学校でのプログラミング授業に
「track」を無料でご活用いただけ、
多人数・同時教育の現場での課題を解決いたします。

スキルの異なる学生が
自分達のペースで学べる環境を提供したい!

様々な問題から自身にあったレベルのカリキュラムが選択可能

オンラインだから時間や場所を選ばず、自分のペースで受講が可能

(写真:青山学院大学 社会情報学部 1年生を対象としたtrackを活用した「コンピュータ実習」より)

誰がどこまで実装出来るか
その場で採点した上で、
全体の習熟度を可視化して確認したい!

全てオンラインでの採点が可能

全員の習熟度はダッシュボードで随時チェック

全体の進捗や課題点が可視化され、効果的な実習運営が可能

(写真:青山学院大学 社会情報学部 1年生を対象としたtrackを活用した「コンピュータ実習」より)

trackについて

プログラミング 「学習・試験」プラットフォーム

track

Exam

試験機能

エンジニアの実務力を正しく評価
プログラミング“スキルチェック”

試験問題について

実装力を測るための
“プログラミング領域”に特化した多彩な問題形式

  • 「知識」を測る
    Quiz - クイズ

    IT業界で働くうえで必要とされるITリテラシー、コンピュータサイエンス、数学、インフラ、セキュリティなどの問題です。

  • 「プログラミング力」を測る
    Algorithm - アルゴリズム

    アリゴリズム実装力を測るため、入力として与えられた値に対し適切な出力ができる関数を実装する問題です。

  • 「実務力」を測る
    Develop - 実装

    指定された言語やソースコードのセットの空欄箇所を実装したり、誤りを修正することで問題の要件を満たす実装問題です。

  • 「応用力」を測る
    Al - AIチャレンジ

    指定された大量のデータをダウンロードしたうえで、機械学習などを用いて精度の高い評価モデルを実装する問題です。

オリジナル「問題」の作成可能

貴校のスキルに合わせた、独自の「問題」の作成ができます。すでに校内で使っているプログラミングテストをtrack上に導入することも可能です。

問題/教材 詳細へ

エンジニアの実務力を正しく評価する
プログラミングテストの流れ

プログラミングテストの「作成/配信/受験/採点/評価」を
ワンストップで実現できます。

  • 1arrow
    問題の選定

    知識を測る「クイズ」や、実務力を測る「実装」など多彩な問題形式を用意。

  • 2arrow
    配 信

    メールで配信はもちろん、固定URLでの配信やメールアドレスを使わないID配信も可能。

  • 3arrow
    受 験

    様々な問題形式に対応したオンラインエディタを用意。
    コーディング形式の問題では受験者自身のローカルPCで受験も可能。

  • 4arrow
    採 点

    コーディング形式の問題もUnitテストを活用し、自動で採点されます。

track

Course

学習機能

プログラミング教育の習熟度を可視化
プログラミング“学習管理”

学習教材について

言語の基礎を学習する「オフィシャルコース」と
外部顧問や提携大学教授作成の「教養コース」

  • プログラミング言語別基礎知識

    アプリケーション開発に必要となる主要プログラミング言語を、基本的な操作や発展的な利用方法までプログラムを書き動かしながら学習します。

  • プログラミング基礎

    プログラミングの基本操作や、アルゴリズム・データ構造を理解するためのコースです。好きなプログラミング言語を選択し、課題演習を解き進めながら習熟していきます。

オリジナル「教材」の作成可能

貴校のスキルに合わせた、独自の「教材」の作成ができます。
すでに校内で使っている研修教材をtrack上に導入することも可能です。

問題/教材 詳細へ

習熟度に合わせた
プログラミング学習の流れ

オンライン教材を利用した研修の実施はもちろん、
「学習進捗の管理」や「習熟度の測定」までワンストップで実現できます。

  • 1arrow

    事前試験

    受講前に事前テストを実施することも可能です。
    学習前後の比較を行うことで、精度の高い学習効果測定が可能です。

    教材の選定

    主要プログラミング言語を学習するコースや、プログラミングの基本操作を理解するためのコースなどを用意。

  • 2arrow
    受 講

    様々な教材形式に対応したオンラインエディタを用意。

  • 3arrow
    進捗管理

    受講者それぞれの学習進捗状況を可視化して、分析することができます。

  • 4arrow
    試 験 - 習熟度チェック

    受講後は、試験機能を活用し、学習した内容を確かめる習熟チェックテストを実施することができます。

レポーティング

採点された結果は自動でレポーティングされます。
受験者ごとの詳細結果や試験全体での平均点など、技術スクリーニングや学習効果測定に必要なスコアが確認できます。

レポート詳細へ

IPA「未踏」統括プロジェクトマネージャー東京大学名誉教授 竹内先生の問題監修

「trackは測定の精度を上げる努力が
並々ならないところが素晴らしいと思います」

trackが、プログラミングスキルを武器に
就職をしようという学生たちにとって有意義であると同時に、
良い学生を採用したいと考えている企業さまにとっても、
ほかでは得られない高い精度の評価が可能な、
世界に誇れる問題のコレクションになるよう、
お手伝いしていく所存です。

株式会社ギブリー(track運営会社)技術顧問/
東京大学名誉教授 IPA未踏 統括PM

竹内 郁雄(たけうち・いくお)

1946年、富山県生まれ。
東京大学名誉教授、IPA「未踏」統括プロジェクトマネージャ(PM)。
日本における Lisp の草分け的な存在であり現役のハッカーでもある。
東京大学大学院 理学系研究科数学専攻修士課程を修了後、
日本電信電話公社 (現・NTT)電気通信研究所に入所。
著名な「竹内関数」の考案、
マルチパラダイム言語「TAO」の開発などの業績を残す。
1997 年より電気通信大学教授。
2005 年より東京大学大学院教授、早稲田大学大学院教授を歴任。
2016年に株式会社ギブリーの技術顧問に就任し、
track(旧codecheck)ではプログラミング問題の監修にあたる。
『初めての人のためのLISP』翔泳社、
『プログラミング道への招待』丸善出版 ほか著書多数。
[写真 : Goto Aki]

他団体との共同研究

奈良先端科学技術大学院大学 (NAIST)

「 “ソースコードの質”の自動評価方法を共同研究 」

新卒エンジニア研修の効果を高めるべく、ソースコード解析及び機械学習技術を用いて、
エンジニアのプログラムの品質を評価する方法を開発する共同研究をしております。

共同研究者

奈良先端科学技術大学院大学
先端科学技術研究科 准教授

石尾 隆(いしお・たかし)

会津大学 (Aizu Online Judge)

「 プログラミング研修に必要な学習問題を共同研究 」

Aizu Online Judgeで公開している学習コースを、trackの研修教材として配信管理が可能。
受講者は多言語の中から自分が利用したい言語を選択して、 プログラミング基礎の入門編から、
より高度なデータ構造やアルゴリズムまでを ステップアップで学ぶことができます。

共同研究者

会津大学 上級准教授
博士(コンピュータ理工学)
Aizu Online Judge 創設者

渡部 有隆(わたのべ・ゆたか)

trackの受賞歴

ご利用料金について

プログラミング授業や試験の内容にあわせて無料で導入いただけます。
学校教育への導入に費用はかかりません。

track for Schoolは、学校教育法第1条で定義される『学校』に含まれる、
幼稚園/小学校/中学校/義務教育学校/高等学校/中等教育学校/特別支援学校/大学及び
高等専門学校にてご利用いただくことができます。

利用者の受験・解答データは個人情報を秘匿する形で、利用させていただく場合がございます。
その他、利用規約をご確認ください。

お問い合わせ